スタッフブログ

京都の紅葉スポット③

投稿日 : 2017. 11. 19

平素より、リノホテル京都をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。リノホテル京都、スタッフの鍋西と申します。
11/13に私は貴船神社へ行って参りました。貴船神社といえば、和泉式部にゆかりのある縁結びの場所として知られていますが、京都の紅葉スポットの一つでもあります。叡山電車で出町柳から30分以上かかり、山道になるため、1日お時間がある方へオススメです。


こちらが貴船神社の鳥居です。さすが縁結びの神社とあるだけ、沢山の人々で賑わっていました。




貴船神社では、この連なっている灯篭がランドマークになるため、この灯籠の風景を見るため、観光に来られる方も多いのではないでしょうか。


そして、忘れてはいけないのが縁結びです。貴船神社は恋の実りを祈る場所でもあります。貴船神社へ行かれましたら、縁結びをお祈りして帰りましょう。

こちらの写真は結社になります。貴船神社の本殿を出て少し登ったところに、結社があります。平安時代、和泉式部が夫婦仲があまり良くあらず、円満な夫婦になりたいと思い悩み、訪れた場所でもあります。

和泉式部が貴船を訪れた際に詠んだ歌がこちら。

和泉式部の歌: ものおもへば沢の蛍もわが身より あくがれいづる魂かとぞみる (訳: あれこれと思い悩んでここまで来ますと、蛍が貴船川一面に飛んでいます。その儚い光は、まるで自分の魂が体から抜け出て飛んでいるようでございます。)

夫婦円満を祈り、和泉式部がこの歌を詠むと、慰めの返歌が返ってきたといいます。その返歌がこちら。

返歌: おく山にたぎりて落つる滝つ瀬の 玉ちるばかりものな思ひそ (訳: しぶきをあげて飛び散る奥山の滝の水玉のように〈魂が抜け出て飛び散り消えていく=死ぬかと思うほど〉そんなに深く考えなさるなよ。)

この返歌が詠まれたのち、ほどなくして和泉式部の願いは叶えられ、夫婦仲がもとのように円満になったという言い伝えがあることから、貴船神社は縁結びの地として知られるようになったそうです。


お話が逸れてしまいましたが、紅葉の情報も皆様にご紹介しておきたいと思います。
こちらが11/13時点での紅葉の色づき具合になります。


京都の中でも一番北の奥山に位置しているため、緑色の木々に囲まれた紅葉がちらほら見ることができました。他の観光地と異なる点は、他の観光地であれば市街地に点在している寺社が多数ありますが、貴船神社は山と川の大自然に囲まれているため、とても閑静な雰囲気を醸し出しており、空気も新鮮だという点でした。





貴船神社の例年の見頃は、11月上旬~11月下旬となっております。行かれてみてはいかがでしょうか?
 

西院から貴船神社までのアクセス
阪急西院駅より、河原町駅下車→京阪祇園四条駅より、出町柳駅下車→叡山電鉄出町柳駅より、貴船口駅下車後、京都バスに乗り換え→京都バス貴船停留所下車後、徒歩約5分


紅葉の色づき情報はこちら



京都観光の際には、リノホテル京都をご利用いただければ幸いでございます。お越しをお待ちしております。


リノホテル京都
フロント
鍋西


 




タグ

2017 年 11 月

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
  21. 21
  22. 22
  23. 23
  24. 24
  25. 25
  26. 26
  27. 27
  28. 28
  29. 29
  30. 30